MUSIC COMPOSER 
KINOSHITA Makiko Official WebSite
 

 

作曲家 木下牧子
公式サイト

 

 サイト全ページをやり直すには、相当時間がかかりそうですので、2つの旧サイトURLを載せておきます。CD,出版,全作品など過去データは、暫く旧サイトをご覧下さい。
 

 
  
●オペラ「不思議の国のアリス」
ダイジェスト

 台本:高橋英郎、木下牧子
 作曲:木下牧子
 演出:池山奈都子 

 指揮:倉知竜也
 演奏:愛知室内オーケストラ
 出演:名古屋オペラ協会メンバー
 


 
●ピアノ・コンチェルト 
改訂版

 作曲:木下牧子 
 指揮:大井剛史              
 ピアノ:岡田 奏(かな)
 演奏:東京交響楽団 


 
●音楽物語 「蜘蛛の糸」
(英語字幕付)

 原作:芥川龍之介
 作曲:木下牧子 
 朗読/独唱:松下悦子
 クラリネット:小谷口直子 
 ピアノ:土居知子
 映像:増田寿子 演出:唐谷裕子


 
●ピアノ・カルテット 
「もうひとつの世界」

 作曲:木下牧子 
 Vn.戸澤哲夫 Va.小野富士 
 Vc.藤森亮一 Pf.藤原亜美 


 
●2台ピアノのための
「PUZZLE」

 作曲:木下牧子 
 Pf. 永野光太郎 大瀧拓哉 

作曲家・木下牧子公式サイト
2025年1月31日・2月1日(土)・2月2日(日) 全4回公演

 東京室内歌劇場の公式サイトに、来年1月初演予定のオペラ「陰陽師」のキャスティング・オーディションの実施要項が載りました。興味おありの方はぜひお読みになってみてください。
 
 数年前に東京室内歌劇場から新作オペラの台本&作曲の委嘱を頂いたのですが、なかなか踏ん切りがつかず、やっと昨年秋頃から本格的に着手しました。原作は夢枕獏さんの大人気短編小説「陰陽師」シリーズです。1話完結の短編集(20巻以上出版されている)なので、短いが起承転結がはっきりしていて、会話体が多く、非日常の幻想譚であり、特に今回選んだ2話はオペラ化に向いていると思いました。「陰陽師」と言えば、人間と妖のバトルと思われがちですが、原作で、安倍晴明は不必要な殺生は一度も行いません。一見クールだが、人間・妖双方への憐れみ、慈しみを目を持った安倍晴明、誰に対しても暖かく心優しい笛の名手・源博雅のコンビはとても魅力的です。

最初のオペラ「不思議の国のアリス」では、強い女性が主役の物語にこだわったのですが(アリスや侯爵夫人や女王)、オペラ「陰陽師」では、原作通り安倍晴明(テノール)と源博雅(バリトン)という男声歌手のダブル主演となります。もちろん1幕、2幕とも印象的な女性が登場し、強い存在感を示すことになるでしょう。
今回、主催の東京室内歌劇場がオーディションを開催するとのことです。一緒に面白い日本のオペラを作りたいと思ってくださる方は、ぜひ同劇場サイトの特設ページをご覧いただき、気楽にオーディション受けていただけたら嬉しいです。締め切りは2月末です。 2024.2.6


Information


新刊「駱駝の瘤にまたがって」男声合唱&ピアノ

カワイ出版 ¥1,800+税 A4・52頁 '24.1.1刊 
作詩:三好達治 作曲:木下牧子
時間:13'00"
委嘱初演:お江戸コラリアーず(指揮.山脇卓也 Pf.松元博志)
※2024.7/13,14日全日本男声合唱フェスティバル in 松本の山脇卓也教室の課題曲です。個人参加募集中(〆切2月中旬)
全日本合唱連盟まで

CD「木下牧子 ピアノ・デュオ作品集 PUZZLE』

ライヴノーツ WWCC-7994  ¥2,750 発売:23.10.25
ピアノ:大瀧拓哉、永野光太郎
曲目:全作曲 木下牧子
「PUZZLE」2台ピアノのための /「夜の時間」2台ピアノのための/ 「迷宮のピアノ」2台ピアノのための(全6曲)


 CDs 


Scores

 

木 下 牧 子

クラシック系作曲家。自分の音楽美学に忠実でありたい。オペラ「不思議の国のアリス」、オーケストラのための「呼吸する大地」、ピアノ・コンチェルト、吹奏楽のための「ゴシック」、ピアノ・カルテット「もうひとつの世界」、クラリネット・トリオ「ねじれていく風景」、混声合唱&オーケストラのための「たいようオルガン」、合唱組曲「方舟」、ピアノ曲集「記憶の森」、歌曲集「太陽は空の中心にかかる」他。CD、出版多数。声楽作品はとりわけ人気があり、全国で演奏されているが、オーケストラや器楽作品も精力的に発表している。