MUSIC COMPOSER 
KINOSHITA Makiko Official WebSite
 

 

作曲家 木下牧子
公式サイト

 

 サイト全ページをやり直すには、相当時間がかかりそうですので、2つの旧サイトURLを載せておきます。CD,出版,全作品など過去データは、暫く旧サイトをご覧下さい。
 

 
  
●オペラ「不思議の国のアリス」
ダイジェスト

 台本:高橋英郎、木下牧子
 作曲:木下牧子
 演出:池山奈都子 

 指揮:倉知竜也
 演奏:愛知室内オーケストラ
 出演:名古屋オペラ協会メンバー
 


 
●ピアノ・コンチェルト 
改訂版

 作曲:木下牧子 
 指揮:大井剛史              
 ピアノ:岡田 奏(かな)
 演奏:東京交響楽団 


 
●音楽物語 「蜘蛛の糸」
(英語字幕付)

 原作:芥川龍之介
 作曲:木下牧子 
 朗読/独唱:松下悦子
 クラリネット:小谷口直子 
 ピアノ:土居知子
 映像:増田寿子 演出:唐谷裕子


 
●ピアノ・カルテット 
「もうひとつの世界」

 作曲:木下牧子 
 Vn.戸澤哲夫 Va.小野富士 
 Vc.藤森亮一 Pf.藤原亜美 


 
●2台ピアノのための
「PUZZLE」

 作曲:木下牧子 
 Pf. 永野光太郎 大瀧拓哉 

作曲家・木下牧子公式サイト
'21.6.2 「サクソフォン・コンチェルト」(木下牧子)  Sax.田中拓也 角田鋼亮+東京交響楽団

 今日は最高気温30℃もありましたが、既に10月です。9月後半くらいから、やっと頭の動きがコロナ自粛前に戻ってきました。午前中は器楽作品、午後は声楽作品、夜は出版の最終直しと校正、夜中は某原稿書き。少し前まで一日ぐったりしていたのと、えらい違いです。年末までこの調子で頑張りたいものです。
 お知らせとしては、8月末に19年ぶりの無伴奏男声合唱組曲「蒼穹の星」(詩:ヘルマン・ヘッセ)が出版されました(音楽之友社)。東京大学音楽部合唱団コール・アカデミーの委嘱初演作です。11月には、春に東京混声合唱団により委嘱初演された「タラマイカ偽書残闕」(詩:谷川俊太郎)も出版予定。難易度は高いですが、かなり面白い作品が書けたと思うので、自信のある団体にぜひ演奏して頂きたいです。
 少し先の話ですが、12月のキングス・シンガーズのコンサート・ツアーで「あしたのうた」(詩:宮本益光)を再演頂けるようです。2年前の委嘱初演作ですが、コロナのただ中で、一度ネット有料配信されただけでした。同じく12月に、仙台フィルの第九特別演奏会の前プロで、混声合唱とオーケストラのための「たいようオルガン」(テキスト:荒井良二)を、取り上げて頂けるようです。どちらも楽しみ。 2022.10.3


New!

無伴奏男声合唱組曲「蒼穹の星」
音楽之友社
定価:¥1,700+税 A4・32頁 2022.8.25刊 
詩:ヘルマン・ヘッセ 訳:島途健一(日本ヘルマン・ヘッセ友の会/研究会) 曲:木下牧子
曲目:僕は星だ/軽やかな雲/巡礼夢の中で旅の歌
時間:3'00"/ 1'30"/ 2'00"/ 3"30"/ 2'45"


Information

 ● 木下牧子管弦楽作品集
オクタヴィアレコード 
OVCL-00714 '20.1.22
¥3,000+税
曲目:呼吸する大地
ピアノ・コンチェルト 他
大井剛史/岡田奏/東響
 ● 「彩美歌 II」
ライヴノーツ
WWCC-7947  '21.6.25
¥2,500+税
曲目:おんがく 他  全曲アカペラ3重唱(曲:木下牧子)
高島敦子/木下泰子/三宮美穂
 
 「石丸幹二 / 鴎」
 
ソニーミュージック
SICL-30064~6 '21.10.6
初回盤¥1,650 CD/DVD 
通常盤¥1,100 CD
鴎(Pf伴 オケ伴)/愛の讃歌
石丸幹二/円光寺雅彦/東フィル

  2台Pf「迷宮のピアノ」
・カワイ出版 '20年1月刊
・本体¥2,800+税
・菊倍判 72頁
ティオの夜の旅 他/全6曲
Pf曲集「記憶の森」
・音楽之友社 '20年2月刊
・本体¥2,400+税
・菊倍判 40頁
全7曲
 
2台Pf「PUZZLE」
・音楽之友社 '20年8月刊
・本体¥2,400+税
・菊倍判 40頁
単一楽章 約11分 

 CDs 


Scores

 

木 下 牧 子

クラシック系作曲家。自分の音楽美学に忠実でありたい。オペラ「不思議の国のアリス」、オーケストラのための「呼吸する大地」、ピアノ・コンチェルト、吹奏楽のための「ゴシック」、ピアノ・カルテット「もうひとつの世界」、クラリネット・トリオ「ねじれていく風景」、混声合唱&オーケストラのための「たいようオルガン」、合唱組曲「方舟」、ピアノ曲集「記憶の森」、歌曲集「太陽は空の中心にかかる」他。CD、出版多数。声楽作品はとりわけ人気があり、全国で演奏されているが、オーケストラや器楽作品も精力的に発表している。